読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺は此処に居る

id:BlackSunこと黒太くんがニュースみて勉強したり、ラジオしたり、絵を描いたり、空飛んでみたり

素敵なもの伝えていこう 夢の未来を目指して

この冬に購入した本をいそいそと読んでいたのだけれども、そのなかで興味深く読んだのが「UP-BEAT UNDERGROUND」発行の「かがみあきら収集記録」本。俺的にはそれほどまでにファンではないんだけれども、80年代的な物にはなにか惹きつけられる魔力があるのか購入したものだ。これがかなり苦労して収集されている記録でライブラリとしてもかなり価値有る逸品でした。同サークルが発行されていた「80年代同人誌」についての本も購入しておけばよかった!この本の作者も俺と同じようにニコニコで各コンベンションのOPアニメ見たりしてるみたい。
しかし、何度見ても80年代おたく文化は熱いな。今のように技術的に手軽でないのに、無理やりでも実現しようとするアマチュア魂みたいなのが素敵過ぎる。また流行とかそういうのに(あんまり)流されず、自分のやりたいことをやりたい手法でやり切ってるのが素敵過ぎる。古いファンロード(85年前後)の収集もしているんだけれども、上手いのは上手いが絵柄が見事にクセあってほぼ全員のベクトルが違うのは今ではなかなか見られない。(昔のメストもそうだった)
俺が80年代好きなのは、当然初期衝動が80年代だったからなのもあるんだけれども、ああいうカオティックな状況から何か新しいものが生まれるであろう予感にワクワクできたからなんだろうなぁ。「技術だとか関係ない!俺は未来へ向かって走り出したら止まらないんだ!」ってああいう未来派野郎な雰囲気が漂いまくっている80年代がやはり素敵。TDKさん先日新刊をそろそろ!って話をしていましたが、是非そういう雰囲気を上手く現代に持ってくるような新刊を期待してます。*1

*1:ワンダーモモ・ヴァーチャルアイドル」はやはり名著