読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺は此処に居る

id:BlackSunこと黒太くんがニュースみて勉強したり、ラジオしたり、絵を描いたり、空飛んでみたり

妄想で悶絶するネット

WEB

非実在青少年条例改正の継続審議 今後の動向についてmixiから転載松浦晋也のL/D)
お礼の手紙を出す事とか書き方まで指定されないとできない人達と思われてるよう感じてしまう。ああこの方がでなくmixiでこの文章を書いた人がだけれども。朝日新聞が取り上げてくれたとしてるけど、以前から朝日新聞を揶揄ってた人達が今回の反対に参加してたらどういう気持ちなんだろう。
いずれにせよこの記事にしても「表現の自由」「思想の自由」を錦の御旗にしてるけど、東京都の質疑応答を読んでいるとは思えなかった。もしくは読んでいても信用に足りないと思っているのか考慮に入れていない。「第18条の6の2第2項」にハッキリと

「まん延の抑止」とは、同規定が定義する「青少年性的視覚描写物」を青少年が閲覧又は観覧することを抑止する、という意味である。成人への規制を意味するものではない。

と明記されている。昨日の1ユーザの傍聴をツイートしただけの物を根拠にRTを繰り返しているのに、東京都庁の「報道発表資料」を信用できないという状況。僕には論理的とは到底思えない。もし疑うのであればネットではおなじみのあのページの魚拓を取っておけばいい。なおかつ報道機関は全てこの資料を取得している。誰もが証人の状況で信じられないのであれば、なぜ誰も証人がいない昨日のツイートを確証も取れずに拡散できるのか。
今回のこの件に関して現役の漫画家が記事を書いていたので参考にしたい。
表現の自由を守る為にHomura's R Comics Blog
現在、アダルト漫画で生計を立てている人がどう読んでもゾーニング対象のものは規制対象とは思えていないのだ。*1当該ブログにコメントがあるがこちらもまた「ドラえもんアウト説」の方である。まとめサイト脳という言葉が数年前に流行ったが、今回もそれを感じずにはいられないのが本音だ。上記に書いたとおり「解釈」とはいえ「東京都報道発表資料」である。公にされた公文書である。本来、反対の立場ならばこれこそ言質を取ったとするべき状況だと思うのだが・・・。
妄想のサイクルで暴走していっているようにしか見えない状況を見ると、偏見に満ちた議員の発言とはいえ「おたくは認知症」的発言に僕は堂々と反論できなくなってきた。公文書より自分達側にとって都合のいい空虚なたとえ話や根拠のない発言を取り上げたりしている様を見ると、現実と非現実の境目が理解できていないようにすら感じる。これで世間一般に理解を求めるのは難しい。これではまた「おたくは害悪扱いされている」という負のスパイラルしか生まないというのに・・・。どうやら振り上げた拳を落とす場所を失ったのは議員側ではないようだ。

*1:もちろんこの方以外の意見も当然あるので誤解なきように。