読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺は此処に居る

id:BlackSunこと黒太くんがニュースみて勉強したり、ラジオしたり、絵を描いたり、空飛んでみたり

僕が自制を促す理由

雑記

僕宛ではないだろうけれども非常に参考になる指摘を読んだので記載しておく。僕は表現の規制には反対的立場ではあるんだけども、完全に反対と決めているわけではない。規制条例自体が曖昧であるのも事実だし、懐疑的に見ていくべきだろうと思う。我々おたくの大人側に自制を促したいのは、あくまで反対派の主流を占めるであろう「規制自体を廃案に」という主張に則った場合での仮定の話。もちろん人は限りなく自由であるべきではあるとは思うが、残念ながら日本国内法というものが存在する。法という存在は暴力と僕は思うが守らねばならない。規制される事で暴力に屈したくないという気持ちもわかる。そうであるならば、「規制条例案を廃案に」したいのであれば、それらが必要ないという状況を我々側が反省し、作り、見せ付けてやる必要があるのではないかという事を述べているに過ぎない。
もちろんただ条例に従うなら簡単で自制等考える必要もないだろう。条例にただ黙って従えばいいのだから。他にも推進派と会合を持って理性的に落とし所を見い出し、条例案を検討した明確なガイドラインの修正条例案を考えるのもいいだろう。この場合も自制は不要だ。ただその新条例に従って動けばいい。けれども昨日のmixiの記事のように反対派が「廃案ありき」であるならば自制しか道はないのではないだろうか?良いか悪いかではない。法の制定という暴力に強制的に従うのか、それとも法の制定を回避し自主的行動で彼らを納得させるのか。