読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺は此処に居る

id:BlackSunこと黒太くんがニュースみて勉強したり、ラジオしたり、絵を描いたり、空飛んでみたり

フィクションに怒る人たち

WEB

北川悦吏子ツイッター発言で炎上 「使えるくらいでエラいと思うな」(J-CASTnews)
Twitterで話題になっていたので帰宅後途中から僕も見ていた訳だが、まぁ感想としては普通のドラマだという感想。Twitterが関係しているという印象は特になく所々に「ツイッター」という単語が出ていたりヒロインがiphoneを持っているんだなぁ的な印象ぐらいだった。なのでどういう経緯で本ドラマの脚本家が上記の発言をしたのかは分からない。

ツイッターができることを、なんてそんなに人は自慢するの?できないことをなんで、そんなに下に見るの?器械やシステムを使いこなすことが、エライ、と思うってのバカみたい

実際この発言の元発言を読んでみたが僕には全く的を外した発言には思えなかった。Twitterは所詮ツールだし、それを使いこなせる事自体に意味はあまりないと思う。そもそもどこまでできて使いこなせると言えるのかもよくわからない。使いこなせる事で賞賛を得れるとすればプロのレーサーが車を扱えるであるとかになるのだろうけれども、Twitterのプロというのは少なくとも聞いたことがない。
ツイッター利用者が1億人突破、IPOには慎重姿勢(gooニュース)
脚本家の発言に「ツイッターはこういう物ではない」「これだと単なる出会いツールだ」的批判もあったのだが、一億人もユーザーがいればこういう使い方をする人もいるのではないだろうか?冷静に考えれば日本語圏でかつ自分で選択したTL(タイムライン)上で見える状況しか通常は見えない*1Twitterである。氷山の一角だけを見て脚本家に「こうではない」とどうして言い切る事ができるのだろうか。そもそも本作品はフィクションである。この程度で批判するのであればアニメや漫画、ゲームは一体どうなるのか。
脚本家に「調べてから脚本を書くべき」「不勉強」と批判するのであれば、全世界の一億人がどういう使い方をしているのか多いのか調べてみてはどうだろうか?

*1:勿論、他を見に行く様な方もおられるとは思うが