読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺は此処に居る

id:BlackSunこと黒太くんがニュースみて勉強したり、ラジオしたり、絵を描いたり、空飛んでみたり

終わらせたい人達

邦楽終わったな(ニュー速クオリティ)
少し前のニュースだが「けいおん!」のOPとEDがオリコンでワンツーだったとのこと。人気もあるアニメだからそういう事もありえるだろうとは思うのだが、いまいち理解できなかったのが「邦楽終わった」という感想が多い事だ。売り上げだけで終わるという判断自体が理解できなかったのもあるのだが、それ以上に「けいおん!」は立派な邦楽なのにと僕は思うからだ。どうしてアニメ(関連)ソングとそれ以外の邦楽に分ける必要があるのだろうか。純粋に国内で発売された楽曲なのに。
こうした単純な所に「アニメは俺達文化でそれ以外はそれ以外」とするような二極化的な視点を僕は感じてしまう。確かにアニメを毛嫌いする人達は「アニメソング」として軽蔑するような人達もいるかもしれない。でもそれに彼らと同じレベルで蔑視し返していいのだろうか。スレッドを読んでいると「国内のアーチスト様は恥ずかしくないの?」という意見やそれに類する意見もあるが、アニメのOPを手がけるアーティストだって今や多いのが現実だ。

THEATRE BROOK 「裏切りの夕焼け」

Scoobie Do 「茜色が燃えるとき」
僕はこれらのバンドはアニメで知った。純粋に楽曲として好きだし、ギターでも下手くそながら弾いたりもする。彼らは純粋に日本のバンドだし邦楽アーティストではあるが、アニメソングでもある。アニメソングかそれ以外かと考える必要はあまりなく、純粋に楽曲を聴き自分の感性で好きかどうかで十分なのではないだろうか。そもそも売り上げで音楽の終焉が決まる訳ではないようにも感じる。あえて終わるとするなら音楽業界なのだが、それだと「けいおん!」ですら発表・発売ができなくなるので終わる訳もない。要するに主語がないのでどうとも言えない。また僕もそうだが音楽業界人でもないので実情はわかるはずもない。
カテゴライズ自体も無茶で無理があるのだが、そんな枠で判断するよりも、「けいおん!」の音楽関係者は楽曲をしっかり聴いて貰いたいのではないだろうか。*1

*1:まぁこういうのが枠的思想の自称彼ら的には「ネタにマジレス」とかになるのだろうけども。しかし枠思考的である事の証拠としては紛れもない事実だろう。