読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺は此処に居る

id:BlackSunこと黒太くんがニュースみて勉強したり、ラジオしたり、絵を描いたり、空飛んでみたり

どうしてそんなにも君は石を投げたいのか

f:id:BlackSun:20150106032250j:plain
とかく素人ほど著作権にやかましい。


これが僕のネットでの印象だ。Twitterやらみていると常に話題になるパクリツイートや画像の無断転載。激しく糾弾されtogetterでまとめられ、プチ炎上を起こす。なるほど確かにその発言やら画像を発案した人にとっては大きな問題かもしれない。


でもよく考えて欲しい。そんな事を君は主張したり糾弾できる立場だろうか?


君がよく見るサイト。例えばyoutubeでの無許可な音楽や動画鑑賞、有名漫画AAや台詞書き換えのパロディ、これらは立派な著作権侵害だ。そして君が楽しんでいるかもしれない漫画やアニメ、ゲームの同人誌も立派な著作権侵害。よくグレーというがそんなことはない。真っ黒なのだ。
そんなに難しくない例でも、例えば購入した本の表紙や1ページだけを写真撮影してネットに「おもしろかった」「買いました」と流したとしても、それは著作権侵害に抵触する可能性があるだろう。「表紙だけなんだけど…」って言っても、表紙のデザインのみ参加しているデザイナーの著作権がある。
よくある撮影した写真の掲載。例えば上の写真は僕がゲームセンターで撮影した写真だ。だけども写っているラブライブ!は僕の著作物ではない。

こうした場合、よく「宣伝になるから」「愛があるから」と自分を納得させようとするケースを見かけるけども、それを許可するもしないも原著作者の判断次第。よく言われる「見逃して貰っている」だけなのだ。大体「愛があるから」の愛はどうやって調べるのだというのだろう。ラブテスターでもつかうのだろうか?結局、自分からみて「愛がある」かどうかでしかない。世間的には愛の結果の行為なのだろうけども、僕から見ればラブライブ!のエロ同人誌はそうは思えない、そういう程度のものだ。論理的根拠なんかありはしないのだ。


そんなにガチガチに自分を縛り付けて楽しいか?


今回こうした事をあえて書き直したのは、何も「同人活動は真っ黒だからしてはならない」とか言いたいからじゃない。そんなに自分を縛り付けて不自由になって何か楽しいのか?っていいたいんだ。
僕はyoutubeで音楽を聞くし、ネットの改変漫画を読んで笑いもする、人のオススメしてくれた漫画の写真を見て購入しようと考えたりもする。当然、漫画やアニメ、ゲームの同人誌は大好きだし、いいものは心底尊敬すらする。だからこそそうした行為を僕はそれはそれとして置いておいて自分の気に入らない物だけを、自分の著作を侵害した物だけを責めることはできないし、責めようと思わない。そんな資格は僕には、いや僕と同じように二次創作やネットコンテンツを非合法に利用した事がある人ならできないんじゃないだろうか?

そうした楽しみを永遠に放棄して、パクリツイートや無断転載を糾弾するのだろうか?自分を律さずに他者の行為だけを律しようとするのは、あまりにも自分勝手ではないだろうか?
もっと突っ込んで考えれば、かつてこのブログで書いたこともあるトレス問題も同様。トレスを糾弾するのはいい、であれば設定やキャラクタ等を剽窃した二次創作は全て同様に糾弾するべきだろう。でもそれは楽しんでトレスだけを糾弾するのは自分勝手でしかない。そう自分勝手、感情的なだけなのだ。
自分が気に入らない著作権侵害、自分の著作物を侵害された場合だけ糾弾し、自分の気に入る著作権侵害は糾弾しない。それはただただ自分勝手にすぎない。


「あなたがたのうちで罪のない者が、 最初に彼女に石を投げなさい。」


イエスのいう言葉そのものである。君にそうした罪が全くないのなら石を投げなさい。