読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺は此処に居る

id:BlackSunこと黒太くんがニュースみて勉強したり、ラジオしたり、絵を描いたり、空飛んでみたり

学生達を支持するのなら、学生達の自主性に任せようじゃないか

時事問題 イベント

 

f:id:BlackSun:20150621160714j:plain

どうにも世の中、きな臭い。

 

僕は反戦者だ。国益だとか国防がどうとかいうのは全く興味がない。僕が殺され殺す、そういうのはまっぴらゴメンという自分勝手から反戦を支持する。凄く自分勝手だけども、これが現実だからそうそう揺らぐものではない。本当に自分勝手で悪いが、自分に関わりもしない竹島だとか尖閣だとか正直どうでもいい。そんな事より殺し殺されるのが嫌という現実を大切にしたい。そうした国益だとか国防の重要性を説く人は僕に反論しなくていい、まず自分の信じる道のために自分の身体を投げ出すべきだ。

 

そんな反戦者な僕は地元で6月21日に実施された学生の団体である「sealds」が主催の反戦デモに参加してきた。実に学生らしく昔ながらのダサい*1シュプレヒコールではなくカッコいいドラムとサウンドデモで、これはイケてるなと思った。こういう手法は過去の左翼的なデモの印象を打破するのに十分に感じた。社会に訴求力がなければデモの意味はないから。 

「最近の若いモンは!」という人もいると思うけども、なかなかどうして僕の若いころにこうした大きな動きはなかったし、本当に頼もしいと思った。こういう時代だからこそでてきた新しい運動の形だと思うし、僕は自発的な学生のこうした運動を支持したい。

 

と、いういい気持ちだったのだけど、デモの後にこういうまとめを見た。

ここからは私見。正直な所、自発的に若者が一生懸命悩みながら考えた運動なのだから、大人は口出し手出しをしないでおこうよ、と言いたい。これは批判する側も彼らを守ろうとするTDCという団体も。「極左お断り」という主張はわかるし、僕だってその方が懸命だと思うし、そもそも左翼ではないと明言したほうが余計いいと思う。だけども、学生がそう決めたのなら学生が対処するべき問題であって、関係があろうと学生団体「sealds」以外のいわば門外漢が口出し手出しでそうしたビラ配りを阻害したりするのは感じ悪い。それを排除しようと学生らが決めるのも一向に構わないが、TDCという門外漢がやるのはおかしい。そういう処置も自らが責任をもってやるべきだ。それこそが自主的な運動だろう。

 

というかこのまとめを読んで思ったのは、学生らがやるのに僕らは賛同し支持しついていくだけなのだ。彼らのやり方に納得できないのであれば参加せず、自分たちで企画しやればいい。だけどそれを運営するのも彼ら自身であって学生ら以外がのこのこでてきて排除するのは気持ちよくない。

 

こういう動きはかつての新左翼内ゲバのように見えて実によくない。本当はそうではないという意見もあろうが、社会はそうは見てくれない。先ほども書いたとおり社会に対して訴求力がなくなれば意味は無いのだ。

「sealds」の考え方に疑問を呈した人のブログを上げつらって中傷するTDCというのも本当によいとは思えない。本当に彼らを支持するのなら黒子に徹するべきであろう。このまとめのタイトルが妥当かはわからないが「sealds」の問題点にTDCが回答というおかしさ。

 

せっかくの自発的な運動だ。学生たち自身にまかせたらいいじゃないか、このまとめの大人たちは。参加して良いデモだっただけに、こんなネットで「潰す」だの「死ね」だの罵り合う大人の姿は醜い。大凡平和のためのデモとは思えないような抗争劇だ。本当に醜い、大人の双方共、醜い。こういうのこそ「老害」と処断されるべきじゃないか?

 

僕らはこの運動の主役じゃない。分を弁えたほうがいいと思う。

*1:悪いけど僕には昔の様式美はダサく映るんだ