読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺は此処に居る

id:BlackSunこと黒太くんがニュースみて勉強したり、ラジオしたり、絵を描いたり、空飛んでみたり

感想というもの

僕もそうなのですが感想を持つ事、述べる事は自由ですし、それこそ「表現の自由」と思っております。ですので如何なる感想も否定はしません、それがその方の感想ですから。*1ただまれに「その意見(感想)は違う」と議論をされている方を見かけます。他者の感想に対して自己の感想を思い、述べるまでは理解できますが、他者の感想を論破であるとかしようとする考えは残念ながら理解できません。それはその方の感想であって、正しくも間違ってもいませんから。
非実在で思ったのは、そうしたネット上での議論という物が何かの役に立ったのかな?と言う事です。僕もかつてTwitterを使用していた際には「その考え方は迎合派だ」等とカテゴライズされ議論をされにこられました。しかしこんな僕の書いている事などたかが一個人の感想ですし、何より千差万別な感想を論破しても何の意味もないのではないかと思うのです。
以前に書きましたとおり、そうした事よりもまず自分でできる事をされた方がよかったのではないかなと思います。以前に示させて頂いた例でいいますと自分のエロサイトの入場規制を真剣に考えなおしてみる等ですね。もちろん反対への署名等できる範囲でされるのも良いとは思います。しかしそれと同時に、今までの自分達を見て石原氏が「野放図」と呼んだ要因はなんだったのかを考え、自己総括する必要があったのだと思うのです。感想と感想で答えの出ないであろう議論をされるのもまた自由です。*2でもその時間、もっと有効に本当に彼らにできた事があって、それを成しえたらまた違ったかもしれないなと、こうした騒動の時には少なからず思います。こうしたケースにおいて自分に決定権のある事象の方が少ないですから。*3
ちなみに僕に関する感想は「ああこう思う方もおられるのだな」と大切に読ませていただいております。*4

*1:以前に書きました感想を超えた暴力を除きますが。

*2:僕は知的遊戯と呼ばせていただいておりますが。

*3:だから感想を述べるに過ぎないのですけれども。

*4:一番近いのは絵の感想を貰った感覚に近いかなと思います。